板谷恭兵と石田無限の顔写真は?佐渡銀山のレプリカ金塊を盗む【新潟県の相川郷土博物館】

佐渡金塊

板谷恭兵と石田無限がレプリカ金塊を盗んで逮捕

世の中には本物と偽物の区別もろくにつけれない人がいるのをご存知でしょうか。
実は、今年の春に新潟県にある博物館のレプリカの金塊を盗んだというとっても恥ずかしく大笑い者にされている事件がありました。
この金塊は金メッキで塗装した偽物なのですが、この程度のものもわからずに本物と思って盗んだようなのですよね。
金メッキと偽物の区別もできないなんて、きっと金を見たことがないんでしょうね。

そんな本物だと思って盗んだのは、住所不定で無職の男、板谷恭兵という人物です。
しかも年齢は29才で、こんなのに騙されてしまうんだと驚きを隠せれませんよね。
そしてもう一人います。
もう一人は愛知県名古屋市東区泉3丁目に住んでいる会社役員の男、石田無限という男です。この男も29才なのです。

板谷と石田が愛川郷土博物館へ入り偽物の金塊を盗んだ事件概要

警察によりますと、この板谷と石田無限ですが、4月16日の午後5時ごろから17日の午前1時頃に博物館へ侵入したのです。
侵入した博物館は、相川郷土博物館というところです。

こちらが所在地になります。

佐渡銀山の博物館ですね。
2人は、侵入して、展示ケースに置かれていたレプリカの金塊を盗んだのでした。
ちなみに、このケースには銀塊約600万円分相当が3本あったのですが、こちらには手を付けていないのです。
その後、この二人のうち、石田無限については、その後、6月に食料品店で泥棒を働きます。
場所は長野県飯田市です。もちろん、もう一人の板谷ですがこちらもこのようなことをするような人間ですので、想像が付くとは思いますが、
強盗事件で石川県警察に逮捕されていました。そして、石田が窃盗をした飯田市の事件にも関わっていることが判明して再逮捕されていたのでした。その後の調べによって、今回の事件へ絡んでいることが判明したのです。
2人は「本物の金塊だと思った。ネットニュースで偽物と知り、がっかりした」と供述しているようです。

容疑者の顔写真は?facebookは?

両容疑者の顔写真やfacebookについては不明です。
また判明したら紹介しようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です