和光特別支援学校でカメラを盗難!児童の様子のデータは入っていた?

和光特別支援学校

埼玉県にある和光特別支援学校とういうところでデジタルカメラが盗難あったようです。

こちらが学校の所在地になります。

カメラのデータには児童の様子が撮影されていたものらしく、個人情報などの情報流出などが心配されます。

和光特別支援学校でカメラが盗難された事件概要

今回の事件を発表したのは、埼玉県教育局県立学校人事課です。
ここによりますと、9月28日に和光特別支援学校で盗難事件があったと発表しました。事件があったのは、9月22日午後10時から25日午前5時の間で盗まれたようです。具体的な場所は、職員室です

教員3人がみなそれぞれ机の上にカメラを置いていたようですが、それをすべて盗まれたようです。
カメラにはSDカードがささったままだったようです。

このうちの一台のカメラには、児童の様子が映ったデータが入っているようです。
映っていたのは小学部の児童4人が映っていて、5枚のど保存されていたことが判明しています。
クラスごとにカメラを所有していたようです。
これは、児童が活動している様子を記録するために用意されているもののようです。
なお、SDカード内のデータについては、その日のうちに共有フォルダへデータを映して、消去するようにしているようです。
これは義務付けられているものでしたが、今回の事件で起こってしまったということは、管理が甘かったのではないでしょうか。
また、カメラは鍵のかかる引き出しに保管しておく必要があったようです。
今回盗まれた経緯では、机の上にカメラを置いていた、というわけですから、まあ盗まれて当然ですよね。
しかし、学校内で盗まれているわけですから、この学校関係者であることは濃厚であると推測されます。

データを盗まれたカメラの持ち主はだれか?

誰のカメラが盗まれたかなどについては、現在不明です。
また誰がカメラを盗んだのかについても不明です。紛失している以上は盗難届などをだして窃盗事件になっているのが普通ですので、今後の事件について犯人が逮捕されたときだろうと思われます。

この事件に対するネットの反応は?

鍵のあるロッカーにしまわなかったことが
全てだとは思う

内部の人間でしょ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です