鴨川シーワールドホテルでノロウイルスの食中毒!バイキングが原因みたい!

食中毒

鴨川シーワールドホテルで食中毒

鴨川シーワールドホテルで食中毒があったようです!

場所はこのあたりになります。

何の食中毒なのかといいますとノロウイルスのようです。
ここへ宿泊していた1歳から65歳の宿泊客たち58人が食中毒になったようです。
症状は下痢や嘔吐などです。
この58人のうち23人が医療機関を受診したようです。
そのうち1歳の男児1人が入院したようです。
幸いにも快方へむかっているようです。

何が原因で食中毒になったのか?

千葉県によりますと、13日の夜にホテルにあるレストランで食べたバイキングだと判明しています。
患者の便からノロウイルスが検出されたそうです。
mあたポテトフライやオレンジからもノロウイルスが出てきたようです。
これによって、ホテルの厨房は、21日から23日の三日間営業停止になったようです。

食中毒が判明したのは、18日のようです。
宿泊客が、18日に安房保健所に相談したことで判明したようなのです。

ネットの反応はどう?

いつかこんなニュースが流れるだろうと思っていました。
ビュッフェスタイルの食事を提供しているホテルや飲食店は何らかの対策を考えないと明日は我が身だと思います。

このホテルではないけど、バイキング利用した時、トング使わず、素手で自分のお皿にとっている人もいたな。衛生面気になって、食べれなかった。

手洗いしない客が多すぎる。
ノロは食中毒ではなく感染症として扱って貰いたい。客が持ち込み拡めてる。

ポテトフライやオレンジから…
もうなんでもありだな。

やっぱりバイキングだとかビュッフェスタイルだとかそういうのって、めちゃくちゃ衛生的に悪すぎですよね。
やっぱりこれよりもまともに食べたいのなら、ちゃんとした料理の方がまだ安全ですよね。
誰が触ったのかわからないようなトングとかゾッとしませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です