売人か?渋谷潤容疑者が自宅に覚せい剤100グラムに注射器1000本所持で逮捕

渋谷閏容疑者逮捕

福岡県久留米市の渋谷潤容疑者が覚せい剤を所持で逮捕

薬物といえば人間やめますか?なんて言葉があるほど、廃人的な存在ですが、

福岡県では、注射器が1000本以上ももっていて、

覚せい剤もかなりの量を所持していたことがニュースになって話題となってるようです。

福岡県久留米市の覚せい剤事件概要

この事件で逮捕されたのは、渋谷潤という自営業の男で、年齢は47歳です。

住んでいるところは福岡県久留米市諏訪町と報じられています。
覚せい剤100グラム
警察の発表では、容疑者は、10月16日に覚せい剤を販売目的で自宅に隠して持っていた容疑のようです。

覚せい剤は18袋にわけて、末端価格にして640万円ももっていて、合計100グラムもあったようです。

どうして発覚したのかといいますと、容疑者が隠し持っているという情報を警察が得たようです。
そのため、自宅を家宅捜索したようです。

すると100グラムもの覚せい剤の他に、注射器が1000本も出てて押収したようでした。

容疑者が容疑を認めているのか否認しているのかはまだ明かしていないようです。

こんなにたくさん持っているわけですからきっと悪そうな人たちとの繋がりもあるのでは?と思いますよね。
警察は、暴力団などと関与してた組織的な行いの疑いもあるとして、

この大量な覚せい剤をどうやって手にいれたのかを調べているようです。

 

この事件に対してのネットの反応は?

覚せい剤の出所もちゃんと調べないといけないけど、

日本語表記の注射器の出所、調べたらすぐわかりそうだよね。

製造会社か、販売業者か病院、医者くらいが、横流ししてるようにしか見えない。

まともな商売のすき間に薬物がらみが入り込む経緯。教訓として情報公開してほしいものです。店の傍ら通販でおかしな箱や袋モノ商い始めたら怪しいですよね。まもなく店舗も無くなりましたが。

さすが暴力団激戦区、福岡県。
規模がでかい。

氷山の一角だろうけど。

やっぱり福岡って危なそうなところだなって思いますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です