生物学者の長沼毅教授が学生を暴行して傷害罪で逮捕された原因は何?

長沼毅教授逮捕

有名な生物学者の長沼毅教授が生徒を暴行

広島大学の長沼毅教授が傷害罪で警察に掴まってて、そして略式起訴で罰金30万円の略式命令を受けていたようです。
学校関係者などの話によりますと、長沼教授は、自身の研究室の航海実習があったようで、そのときに事件がみたいです。
鹿児島県の硫黄島を訪れていたようです。
日時は、今年の3月12日です。
場所は停泊中の船内とのことです。
指導する20才男子学生と口論になったようです。
教授は飲酒をしていたらしく、男子学生の足を払って転倒させたみたいです。
そして転倒した学生に馬乗りになって、「死ね」といったようです。
また、学生の首を絞めたり唾を顔にはきつけたりしたようです。
学生は腰の骨を折るなどで全治3週間の怪我をしたようです。
警察に被害届を出したそうです。

長沼毅教授を懲戒処分に?

今回の事件によって、教授は、大学側から7月にアカデミック・ハラスメントと認定されて、教授を懲戒処分にしたようです。
立場を利用した嫌がらせとのことです。
また裁判所からの罰金30万円というのは11月1日付けのようです。

懲戒処分ですが、休職6ヶ月を言い渡されたと報じされていますので、
この休職期間後は復帰するということですね。
復帰後は学生とまた顔合わせなどをするかとは思いますので今後の進展が気になるところです。
また、懲戒処分を受けている理由として、この事件の他にもどうやら、他の学生への度重なる暴言というのがあったようです。
どのような暴言なのか気になるところですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です