SHINeeのジョンヒョンさん…遺書には「責めないでほしい」

韓国の人気アイドルグループSHINeeのジョンヒョンさんが亡くなったニュースで、日本にも衝撃が走りました。

作詞・作曲も務め、高くて伸びのある声を武器としていたジョンヒョンさん。わずか27歳で命を絶たなければならなかった理由はどこにあったのでしょうか。

SHINeeのジョンヒョンさんは優しくて、繊細な感性の持ち主…競争激化の重圧か?


ジョンヒョンさんプロフィール
1990年4月8日 – 2017年12月18日(27歳没)
出身地:ソウル特別市
死没地 : ソウル・江南区
身長:173cm (公式身長は173cmだがラジオやTVで171cmだと発言している)
血液型:AB型
学歴:靑雲大学校実用音楽科 (卒業)明知大学校大学院映画ミュージカル学科 (修士課程在学)

ジョンヒョンさんにはお姉さんがいて、恋人と間違われるほど仲が良かったそうです。今回、ジョンヒョンさんの異変に気が付いて警察に電話をしたのもジョンヒョンさんのお姉さんでした。

ジョンヒョンさんはお姉さんにショートメッセージを送っており、「これまでつらかった」「僕を見送ってほしい。」など、自殺をほのめかす内容だったようです。

韓国では芸能人の自殺が相次いでいます。競争社会といわれる韓国ですが、芸能界はその傾向が顕著で、抱えるプレッシャーは並大抵ではないようです。

ジョンヒョンさんの遺書が全文公開…睡眠薬無しで眠れなかったとの情報も

自殺に際して、ジョンヒョンさんが遺した遺書の全文が公開されています。公開した人物は、生前のジョンヒョンさんより「この世を去ったら必ず公開してくれ」と頼まれていて、遺族と相談した結果だそうです。

「僕は内側から壊れた。」という書きはじめで「本当にお疲れ様。さようなら」と締めくくられる遺書…「なぜ死ぬのかと言われたら、疲れたからと言いたい」との記述もありました。

才能豊かな若者の死に、残念としか言いようがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です