欅坂46のメンバーが紅白で倒れる…過呼吸が原因

第68回紅白歌合戦で司会の内村光良さんと共演した欅坂46のメンバー3人が演技の途中で倒れたり、演技終了後に震えたりしているのを心配する声があがっています。

今年の紅白は、安室奈美恵さん出演の話題も手伝って注目度がアップした回でした。年の瀬に日本中が注目する舞台で、一体何が起こったのでしょうか。

内村光良さんとの「不協和音」共演中に「大丈夫?」と声を掛けられる場面もあった

事が起こったのは、司会の内村光良さんと欅坂46がダンス共演をした際です。メンバーの鈴本美愉さんは三角形のフォーメーションを組む際に、後ろに倒れ込んでしまいました。

さらにセンターを務める平手友梨奈さんが、演技途中でふらついてしまい、内村光良さんに「大丈夫?」と話しかけられていました。手が震えていたといいます。

倒れたのはメンバーの3人だということが判明…現在は体調も回復した様子

結局、演技終了までに倒れたのは鈴本美愉さん、センターの平手友梨奈さん、志田愛佳さんの3人だったということです。いずれも過呼吸ということで、待機していた看護師さん手当の下楽屋で休んだのち、回復したということです。

練習の疲れがドッと出てしまったのか、紅白の大舞台での緊張もあったのでしょうか。元気な欅坂46の姿が見られることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です