星野仙一さんが亡くなる…病気で激やせが心配されていた

「燃える男」「闘将」と呼ばれ、数々の野球チームを優勝に導いた星野仙一さんが亡くなったとのニュースが入りました。まだ70歳という若さでした。

野球界のみならずスポーツ界全体、芸能界ひいては野球ファンの間で嘆き悲しむ声があがっています。死因は明らかにされていませんが、関係者によると星野仙一さんはがんと闘っていたとのことです。

星野仙一さんは現役は中日エース、引退後は監督で活躍した

星野仙一さんプロフィール

出身地 岡山県の旗岡山県児島郡福田町
(現・倉敷市)
生年月日 1947年1月22日
没年月日 2018年1月4日(70歳没)
身長180 cm
体重80 kg
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1968年 ドラフト1位
初出場 1969年4月13日
最終出場 1982年10月12日

星野仙一さんは高校時代に矢吹怗一監督から「明治大学へ…」と促されて明治大学の政治経済学部経済学科に進学しています。卒業と同時に中日ドラゴンズ1位指名で入団してから、華々しい活躍をしました。

とはいえ、星野仙一さん本人は阪神ファンだったそうです。明治大学と阪神の仲が悪かったために、阪神入団には至りませんでした。後に、阪神の監督としてチームを優勝へと導いています。

近年、少し痩せた印象で「がんと闘っている」とも…

多くの選手に慕われて、尊敬される星野仙一さんですが、近年”痩せてしまった”との噂がたっていました。写真をみると確かに頬のあたりが薄くなったように感じますが、年相応の痩せ方のようにも見えますね。

星野仙一さんの死因については明らかになっていませんが、関係者は「がんと闘っていた」と言っています。すい臓がんとの話も聞こえてきますが、確かなことはわかりません。

突然すぎる闘将の死に、驚きと悲しみが広がっています。ご冥福をお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です