ロンブー淳の青学受験に見る社会人になって勉強する理由

芸人としての活躍もさることながら、バラエティー番組のMCとしての活躍が目覚ましいロンブーの淳さん。今回は44歳で青山学院大学を受験するとの話題で世間を騒がせています。

本人は今になって受験に挑戦する理由を「学歴社会で劣等感を感じてるため」と語っています。とはいえ、学歴があってもなくても活躍する人とそうでない人がいるのが事実です。

ロンブー敦だけじゃない!社会人になってから学校に行く人は結構いる

ロンブーの淳さんが注目されていますが、芸能人の中にはある程度年齢を重ねてから大学や大学院に挑戦している人は珍しくありません。アナウンサーの吉田恵さんは2015年に大学院へ挑戦して見事合格、欽ちゃんこと萩本金一さんは73歳で駒沢大学の仏教学部に入学しています。

受験者の中には、芸能界での仕事があって生活も安定していそうな人が多いことに驚きます。ある程度の地位を築いている人ほど向上心が強く、より上を目指したくなるのかもしれません。

今の社会は、学歴というより勉強し続けることが大事?

ロンブーの敦さんが言う通り、日本はまだまだ学歴が重視される社会といえるかもしれません。ただ、世の中がものすごいスピードで変化しているため、数年後には価値観が変わっていることも。100年ライフといわれる社会で実際に変化の兆しは見られます。

人間の寿命が延びていく中、社会が目まぐるしく変化していく中で大事なのは、学歴という形ではなく勉強し続ける姿勢なのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です