「きみが心に住み着いた」のあらすじが気になる!最終回の展開は?

TBSの火曜夜10時が面白いと評判です。吉岡里帆さんという旬な若手女優を起用して、相手役は向井理さんと桐谷健太さんが固めています。出演者だけを見ても、面白そうな匂いがしてきますが、注目すべきはその内容でした。

「きみが心に住み着いた」はもともと、天堂きりんさんの大人気漫画で、挙動不審のキョド子こと小川今日子を中心に物語が展開していきます。

複雑な生い立ちを抱える登場人物達…依存か?恋愛か?の問いかけもあって、内容はヘビー

ただの恋愛ドラマかと思いきや、「きみが心に住み着いた」は、一味違ったタイプの恋愛ドラマです。登場人物のそれぞれが抱える心の闇を、赤裸々に描き出しているのが大きな特徴です。

主人公の小川今日子は、挙動不審ゆえに幼いころから母親に冷たくされて育ちました。私は愛されていない…そんな心の傷が、大人になってからの彼女の恋愛に大きな影を落としています。

一方の、向井理さん演じる星名 漣(ほしな れん)も、父親から虐待されて育った身。小学生ながら整形手術を受けさせられるなど、壮絶な過去を持っている男として描かれています。

暴力的でも素敵に映るのは向井理だから?

そんな2人が出会って、自然と惹かれ合うなかで歪んだ関係が築かれていきます。「過去の自分と決別しよう。」と励ましてくれる、心優しい編集者、吉崎幸次郎を桐谷健太が演じています。恋愛か?依存か?という難しい問題をもはらんでいて、深く考えさせられるドラマに仕上がっています。

いよいよ来週が最終回!今日子の恋の行方が気になる…

自分と同じような心の闇を抱える星名に惹かれながらも、真っ直ぐな気持ちをぶつけてくれる吉崎と一緒になりたいと願う今日子。ところが、吉崎から「別れよう」と言われてしまいます。「このまま一緒にいても君は俺に依存するだけだから…」と。否定することも出来ずに、涙ぐむ今日子でした。

来週の最終回は、はたして、どんな展開が待ち受けているのでしょうか?猟奇的な魅力の星名をとるのか?穏やかな優しさをくれる吉崎を選ぶのか?とっても気になるところですね。

星名or吉崎?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です