太田雄貴と笹川友里が結婚!2人の経歴をおさらいしよう

太田雄貴さんと笹川友里さんの結婚が話題となっています。お二人の名前を聞いてもピンとこない人もいるかもしれません。太田雄貴さんは、元フェンシング選手で2008年に日本オリンピック史上初めての銀メダルを獲得しました。

一方の笹川友里さんも、「美人過ぎるAD」としてテレビでとりあげられるようになってからTBSアナウンサーの大抜擢された経歴を持っています。

お互い”異例”の経歴を持つお二人の結婚ということで、世間の人の注目が集まっているのです!

フェンシング協会会長を務める太田雄貴さんは、同志社大学卒業

文武両道の太田雄貴さん

太田さんがフェンシングをはじめたのは、小学校3年生の頃、父親の勧めだったといいます。一般的な家庭ならサッカーや野球となりそうなところをフェンシングとは、もしかしたら裕福なご家庭に育ったのかもしれませんね。小学校、中学校と全国大会を連覇した太田少年は、高校2年生の時には全日本選手権で優勝。当時の最年少記録を作っています。

太田選手の凄いところは、フェンシングのみならず勉強もおろそかにしていないという点です。関西方面での早慶クラスとうたわれる同志社大学の商学部を卒業しています。バラエティー番組へも頻繁に出演していて、軽快な喋りがとてもスポーツ選手には見えないですが、そんなところに頭の回転の良さがあらわれているのでしょう。

TBSアナウンサーの笹川友里さんは「美人過ぎるAD」で話題となった成り上がり?

「美人過ぎるAD」時代の笹川さんが気になるという声も

笹川友里さんも、太田さんの負けず劣らずの才女です。笹川さんは日本女子大学の付属中学校、高校から日本女子大学へと進学しています。かなりお嬢様で勉強もできるという印象ですね。夢はアナウンサーで、TBSアナウンサー試験を受けますが不合格となってしまいます。

夢をあきらめきれない彼女はTBSのADという道を選んだのでした。たぐいまれなる容姿の持ち主だった笹川さんは、「美人過ぎるAD」として話題になりました。そのことがきっかけで2014年から夢のアナウンサーになることができました。異例の大抜擢であるとして、かなり話題にもなりましたね。

とってもお似合い!との声が寄せられる2人…赤ちゃんの誕生は秒読みか?

フェンシングで日本人初のメダル獲得者の太田さんと異例の大抜擢を受けた笹川さん。2人は”成り上がりカップル”といわれることもありますが、影の努力は相当のものでしょう。努力を結果にしてきたという意味では、2人の経歴が似通っており、「お似合い!」との声が多く聞こえてきます。

笹川友里さんのインスタグラムからは結婚準備と仕事、プライベートと、かなり充実した日常が垣間見られます。お似合いカップルのおめでた報告が聞けるのも、そう遠くない未来かもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です