木下優樹菜の娘の学校、インターナショナルスクールのメリット・デメリット

木下優樹菜さんとフジモンさんの娘2人がインターナショナルスクールに通っていると話題になっています。インターナショナルスクールとは、外国人を対象とした学校で無認可のところも多くあります。

外国人を対象としているので、授業は全て英語で行われ、国際的な感覚を養うことができるとあって日本人で通わせる親も少なくありません。あるインターナショナルスクールでは、6割が日本人という情報もあります。

芸能人が子供を通わせていることで有名なインターナショナルスクール

インターナショナルスクールに通わせるのは、一般的な家庭よりも芸能人だったり、両親もしくはどちらかが外国人だったりする家庭が多いです。先にも書いた通り、国際色豊かなことがインターナショナルスクールの大きな特徴です。そこに通わせることで、将来的に世界で活躍できる人材になってほしいと願っているのでしょう。

小雪の家もインターナショナルスクールに通わせているとの噂

英語力はもちろん、国際的な視野を持った人に育つといわれる

木下優樹菜さんのお家がどういった教育方針を持っているのかは、わかりませんが、インターナショナルスクールを選ぶということは、将来的に世界を視野に入れた活動を目指している可能性が高いです。

幼少期から英語を日常的に使う環境ということで、英語が話せるようになるのはもちろん、国際的な視野を身に付けることができます。海外の大学へ進む人も多いようです。

でも…高額な料金と日本の大学に行けなくなるといったデメリットもある

200万超えの授業料はかなりの負担…

良いこともたくさんあるインターナショナルスクールですが、授業料が高額なことで有名です。年間200万円以上かかることも当たり前という世界です。

生徒に芸能人の子や良家の子女が多いというのも頷けますね。インターナショナルスクールを選ぶ際に、気を付けなければいけないのは日本では学教法で定められた就労義務を果たしていないとみなされる点です。例えば、途中で日本の中学校や高校に編入することは、基本的には出来ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です