第2子出産の荒川静香さんの旦那は外科医でお金持ち?

フィギアスケーターの荒川静香さんが第2子となる男児を出産したとのニュースが入ってきました。2014年には第1子となる女児を出産していて、家族4人の新たな生活がはじまるようですね。

荒川静香さんといえば、イナバウアーが有名で2006年のトリノオリンピックで金メダルを獲得するほどの実力の持ち主です。現在もプロスケーターとして活躍中で、日本スケート連盟の副会長を務めています。そんな荒川さんが選んだパートナーは、一般男性。職業は外科医といわれています。

荒川静香さんは2014年に第1子長女を出産している

第1子は女の子…荒川さん似なら将来美人さんですね!

クールビューティーのイメージが強い荒川静香さんですが、現在はスケートのみならずニュース番組やバラエティーへの出演もしていて、以前より笑顔が多く見られるようになりましたね

私生活の充実が表情にもあらわれているということでしょうか。荒川静香さんは2013年に一般男性と結婚した後、2014年には第1子となる女の子を出産しています。当時、荒川さんは

「初めての経験に喜びや期待、不安や戸惑うこともありましたが、生まれてきた我が子が、ぎゅっと手を握ってくれた時には、安堵と、言葉にできない感動を味わいました」
と、コメントしています。

荒川静香さんの旦那さんは、外科医?年収は1千万円越えか?

輝く笑顔は余裕のあらわれ?

美しくてスポーツ万能な荒川静香さんは、どんなパートナーを選んだのでしょうか。一般男性ということで詳しい情報はありませんが、ネット上に問題のお相手は外科医で、年収は1千万円以上という情報があります。慈恵医大を卒業した後、都内の総合病院に勤務しているという噂です。

真偽のほどは定かではありませんが、荒川静香さんとお付き合いできる男性ということで、一般人といえどもある程度のステイタスを持っている人と想像できますね。

普通のサラリーマン家庭で育った荒川静香さん…現在は仕事もプライベートも絶好調

家族の協力があっての金メダルは、喜びもひとしお

仕事も家庭も順風満帆で、スーパーウーマンのように語られる荒川静香さん。実は、普通の家庭に育った方のようです。お父さんは普通のサラリーマンでお母さんは幼稚園教諭をしていました。何かとお金のかかるフィギアスケートを子どもにやらせるのは、大変だったことでしょう。

衣装は母親が手作りするなどして、やりくりをしながらのスケートだったそうです。オリンピックでの活躍の陰にあるのは、親御さんの愛情だと知ると、心温まるものがありますね。母親となった荒川さんも、同じように子どもにスケートをやらせるのでしょうか?だとしても、衣装は手作りしなくても済みそう…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です