結婚指輪付けるか付けないか?結婚指輪の意味とは?

結婚指輪は付ける派ですか?それとも付けない派?昔は当たり前のように、結婚した男女が付けていた結婚指輪。現代の夫婦は付けない、もしくはそもそももらっていないという人もいます。年齢によって、結婚指輪に対する考え方が違うのもまた興味深いところでもあります。

今回は、結婚指輪に対する考え方についてリサーチしてみました。

結婚指輪付けない派が増加中…そのわけとは?

株式会社ベストブライダルによると、近年、結婚指輪を付けない派の夫婦が増えているといいます。理由は、様々で、職業柄指輪を付けられないという場合や、そもそも<strong.結婚指輪に必要性を感じないという人までいます。他方、結婚指輪を付けている方がお互いの気持ちを確認できるや、<strong.結婚していることが社会的ステイタスになるという考え方の人もいます。

年齢によって異なる考え方

専業主婦がベスト?とされていた時代もあった…

結婚指輪については年齢によって、考え方も大きく異なるようです。比較的年齢層が上の方ほど、結婚指輪の意義を重要視しがちな特徴があります。30代20代といった若い層は、結婚指輪事態に必要性を感じないという人も見られます。

女性の社会進出が進めば、結婚指輪付けない派がもっと増えるかも?

キャリアウーマンは指輪を付けない?

飲食系や医療系のお仕事など、仕事上、結婚指輪を付けられないという人が意外と多くいることにも注目すべきでしょう。数年前までは、結婚後は家庭に入るのが当たり前だった時代は過ぎ去り、今は女性の社会進出が進んでいます。そうなると、愛の証でもあった結婚指輪も便宜上外さなければならない場合がやってくるというわけです。

いずれにしろ、結婚指輪は夫婦それぞれの考え方の違いが顕著に表れる代物。結婚という形でさえ、今後は変わってくる可能性もあります。それぞれのスタイルを尊重できる関係でありたいし、そういう社会であってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です