井上尚弥の強さが際立つWBSS次戦準決勝へ選手出揃う

現在開催中のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)

各団体の世界王者4人と、それに次ぐ実力者達4人によるトーナメントWBSSに井上尚弥選手が参戦し、無事一回戦勝ち上がっている。

 

初戦の相手は元WBA世界バンタム級スーパー王者ファン・カルロス・パヤノ。

試合は井上が世界を驚かせるほどの強さを見せつけ1RKO決着。

実力が確かなものだと世界中に名を轟かせた。

 

他3試合の1回戦も終了し、井上を含む世界王者3選手と元5階級世界王者のノニト・ドネアが決勝をかけて次戦に登場する。

 

井上が世界の団体王者達を一網打尽にするチャンス

 

 

強すぎて相手が見つからない。

対戦を他団体の世界王者が受けてくれない。

井上も相手が見つからず階級を上げている。

 

このトーナメントは、それを許さないトーナメントだからこそ世界中で注目の的となっている大会でもある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です