[人気YouTuber死去]小中学生のなりたい職業ランキングへのランクインや経済効果や影響力の非常に高いソーシャルネットワークとなった「YouTube」。

毎日開くだけで好きなYouTuberを動画で観られる沸騰カテゴリーです。
そんな大人気YouTuberユニット「アバンティーズ」の赤髪でお馴染みのエイジが2019年元旦に急死した。
アバンティーズは埼玉県出身で地元の中学時代からの同級生たちで結成され、7年前の2012年に動画投稿を開始した。
その後、本格的にYouTuberとして動画投稿を行うことで再結成したのが、そらちぃ、ツリメ、エイジ、リクヲの4人だった。
エイジはその中でも物静かだか優しくアバンティーズの動画を見た事があまりない初見の視聴者にも、その人の良さは伝わるほどだった。
2019年1月1日、アバンティーズはツリメ以外のメンバーと知人と共にリフレッシュ休暇のために、サイパン島北東部にあるバードアイランドビーチを訪れていたそうだ。
バードアイランドビーチはシュノーケリングや展望台からの眺めが素晴らしいと人気のビーチ。
そして、到着後に浅瀬で水遊びができるスポットをメンバーで探し始めた。
この時エイジは、「自分は海では泳がない」「近くに行くだけ」と話していたそうだ。
だが、ふとメンバーが目をやるとエイジは膝丈くらいの深さまで海に浸かりいき、さらにもも辺りの深さまで浸かりに行ったそうだ。
そして、「助けて!」という声がして振り返ると物凄いスピード勢いの波にさらわれて沖に流されていくエイジの姿をメンバーたちは目にした。
すぐに知人が助けに向かい岸に引きあげたが、既に波に何度も飲まれていたエイジの意識はなかったそうだ。
「アバンティーズエイジについて(引用:


彼はまだ22歳だった。これからたくさん楽しい動画も撮れたであろう、プライベートも充実しただろう大好きな仲間とYouTubeを盛り上げたかっただろう。
無念以外の言葉見つからない。
そして、ネット上ではやし立てるようなデマが行き交っているが、「遊泳禁止区域」での事故ではなかった。
人の死を取り上げて話題作りにする人間の心中は私には到底理解出来ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です