歌手・タレント堀ちえみさん(52)、突然のステージ4の口腔癌を公表。11時間の切除手術その後の状況は?

芸能活動歴年のタレント堀ちえみさん(52)が今月19日、自身のブログで口腔癌を患っていることと病状はステージ4と絶望的な状況だと公表しました。あまりにも突然でショッキング公表に連日連夜、80年代に輝いた永遠のアイドルのニュースで持ちきりになりました。口腔癌(こうくうがん)とは、あまり聞きなれない病気ですが、その中には“舌がん”“歯肉がん”“口底がん”があるようで、主に症状としては口内炎や噛み傷が長期間経っても治らないことや歯茎や舌にしこりが出来るようです。

今回堀ちえみさんも口内炎がなかなか治らず食事や安眠もままならない程に、状態が悪化していったとブログにリアルタイムで綴っていました。
通院していた病院でも「リウマチの薬の副作用による“口内炎”」と診断を受けていたことで、しばらくの間はブログには口内炎が痛いと日に日に増す痛みの報告を綴っていました。

しかし、堀さんは医師の指示通りに治療にあたっても良くなるどころが悪化する一方の口内炎に対して、疑問を抱くようになりました。自身でネット検索して全く同じ症状として発覚したのが「口腔がん」でした。
そして、意を決して病院へ、診断結果はステージ4の口腔がんという残酷なものでした。
口腔がんであることをブログで公表する前日には、同じくブログに手巻き寿司パーティをしたことを載せながら最後の文には「キッチンから聞こえる会話が、とても面白くて(笑)

大爆笑

聞いてるだけで元気になれる。
子供たちの力って偉大だな。」

(引用: https://ameblo.jp/horichiemi-official/entry-12441143869.html )と自分の置かれた危機的状況にも立ち向かうためのパワーを貰っていると胸を綴っていました。

この翌日にステージ4の口腔がんと公表がされ、大きな反響を日本中に与えました。物凄い口内の痛みと闘いながらも毎日ブログをアップし続けて、リアルタイムで闘病の記録を発信し続けています。絶対安静の療養が必須の状態でも、変わらぬ明るさで心配させまいというその姿勢が彼女らしいなと感じました。たくましく素敵な女性ですね。22日のブログには「本日22時に、耳鼻咽喉科・口腔外科・形成外科による、舌癌の手術が無事に終わりました事を、ご報告致します。

先ず頸部リンパ節を取る手術を行い、
次に舌の6割を切除する手術を行いました。

そして最後に太腿の組織を取り、
舌の再建手術です。

11時間にわたる大手術でした。

手術後はICUに入り、
今はゆっくり休んでいます。

ICUでは来週月曜日まで集中治療を、
行うそうです。

病院の皆様には、
心より感謝申し上げます。

また皆様からの心温まるコメント、
励みになったと思います。

ありがとうございました。
取り急ぎご報告まで。

堀ちえみ

夫より」と本人に代わり旦那さんが近況を報告しました。先日白血病であることを公表した水泳の池江璃花子選手(18)と同じく、才能も人柄も素晴らしい女性ふたりの元気な姿がまた見れると信じたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です