【広告】お墓と葬式は不要!ミニマリストのニーズを満たす供養方法を解説

現代のライフスタイルが多様化する中で、不要なモノを削ぎ落とし必要なモノだけで暮らすミニマリズムが人気を博しています。ミニマルな暮らしを実践する人々をミニマリストと呼びます。

昨今、話題を呼んでいる遺灰ダイヤモンド等で故人を弔う手元供養といった新しい供養方法は、お墓とお葬式は不要と考えるミニマリストから注目されています。

この記事では、ミニマリストに関する知識と、お墓を持たない供養の方法を紹介します。

ミニマリストとは?ブームの背景は?

ミニマリストとは、快適に暮らすために最小限の用品だけで暮らし、人間関係においてもシンプルを極めている人のこと。モノを捨てすぎて不便に感じたり、ストレスを抱えたりする人はミニマリストとは言えず、その人にとって快適と感じることが重要です。
モノを断ち、捨て、離れるという考え方の「断捨離」もミニマリズムの範疇にあり、モノと縁を断ち切っていくと、自然とミニマリストになれるでしょう。
アメリカから広まったミニマリストが日本で定着した理由に、iPhoneの普及が大きく影響していると言われています。また、東日本大震災でモノが失われてしまう経験から、最低限のモノで暮らす意識が高まり、広まったという説もあります。
しかし、昔の日本人はとても簡素に暮らしており、その生活様態をアメリカ人が取り入れたことから、ミニマリストは逆輸入という見方も。

究極ミニマリスト!お墓をもたない供養の方法

今までの供養方法は墓参りがメインでしたが、少子高齢化により墓の継承者問題などにより、墓じまいする人が増えています。また、墓を持たない樹木葬、海洋葬、手元供養といった新しい供養スタイルが、年々関心を高めています。

樹木葬とは、遺骨をパウダー状にし、墓石の代わりに樹木の下に埋葬する自然回帰の葬送。海洋葬も樹木葬同様、自然葬に分類される葬儀方法で、遺灰を海や湖などに撒いて故人を弔います。

手元供養は、遺骨を加工して作製された指輪やネックレス、イヤリングを身につけたり、遺灰ダイヤモンドなどを手元に置いたりして故人を弔う供養方法であり、ミニマリストのニーズにマッチした葬儀・供養方法と言えるでしょう。

世界一美しい手元供養の「遺灰ダイヤモンド」

人体には18%の炭素があり、遺灰ダイヤモンドは故人の遺骨や遺灰に含まれる炭素を使って作製されます。遺灰ダイヤモンドは天然ダイヤモンド生成環境を再現した装置で作られるため、遺灰ダイヤモンドと天然ダイヤモンドの違いは生成起源のみ。

そのため、遺灰ダイヤモンドの輝きは故人の輝きそのもの。手元で光輝く遺灰ダイヤモンドで、故人の存在や人生を讃えることができます。

遺灰ダイヤモンドはアクセサリー加工もでき、遺灰ダイヤモンドを施したアクセサリーはネックレス、指輪、イヤリングの種類豊富なデザインから選択できます。アクセサリーの中でも、遺骨ダイヤモンドをセッティングした指輪は特に人気で、外出時に遺骨ダイヤモンドの指輪を身につければ、故人をずっと側に感じられるでしょう。

それゆえ、遺灰ダイヤモンドや遺骨ダイヤモンドの指輪は、いつも故人に想いを寄せられる供養方法なのです。

結論
ミニマリストとは、快適に最小限のモノで暮らす人のこと。日本ではiPhoneの普及が、ミニマリストが急速に広まったきっかけだと言われています。
昨今、墓を持たない供養方法が注目されていますが、遺骨ダイヤモンドの指輪を身につけたり、遺灰ダイヤモンドを傍に置いたりして故人を弔う手元供養はミニマリストのニーズを満たしてくれるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です