月20GBで2980円!超格安プランの『ahamo』とは?

2020年12月3日、NTTドコモは『5Gプランなら月間20GBが月額2980円(税抜)』で利用できる新料金プラン『ahamo(アハモ)』を、来年の3月より提供を開始することを発表した。

割安な料金設定に加えて、「5分間までの通話が無料のかけ放題」、「海外82か国でのデータ通信が追加料金なし」といった優遇も追加された。

今回の新プランによって、NTTドコモは他社との価格競争に大幅にさを広げた。

ショップ対応不可!?「ahamo」が激安な理由

携帯電話ではトップシェアを維持し続けているドコモだが、メインユーザーは高齢化が進みつつある。『ahamo』は、一人暮らしを始める20代をターゲット層としており、ショップで対応せずネット契約のみのプランにすることで、コストを大幅に削減することができた。

また、『ahamo』は基本的に親元から離れて一人暮らしを始めたユーザーの利用を想定しているため、従来のドコモの家族割は適用対象外となっており、ドコモのキャリアメール『@docomo.ne.jpのメールアドレス』も付与されない

MVNOではないため、データ通信の品質は従来プランと変わらない。5Gと4G LTEのみ利用可能でドコモの3Gエリアでは使えないが、これは既存している5G向けプランと同じ条件だ。通話定額は1回の通話あたり5分間は無料で、月額1000円で完全定額となるオプションも用意されている。

なお、スマホの本体代金は料金プランには含まれない。SIMカードだけを契約して、別途調達したスマホで使うことも可能だ。

契約手続きはオンラインで完結し、店舗に足を運ぶ必要はない。契約後は専用のアプリが用意され、使用しているデータ容量や請求金額、dポイント残高などを一覧できる。契約変更の手続きも、アプリで完了する仕組みだ。ショップに訪れる面倒さを取り除けるので、若い層に支持されるのではないだろうか。

また、従来のNTTドコモのプランでは『家族割』が前提で、単身ユーザーには割高な構成となっていた。『ahamo』はこうした需要をすくい取り、若いユーザーをドコモに戻すのに適した内容といえるだろう。

他社との料金比較

大手3社の携帯料金プランの中でも『amamo』は、圧倒的に安価である。

KDDI・auの基本料金は7,650円(上限なし)/ UQモバイルの基本料金は3,980円(20GB)

SoftBankの基本料金は7,480円(50GB)/ Y!モバイルの基本料金は4,480円(20GB)

NTTドコモの基本料金は7,150円(30GB)/ ahamoの基本料金は2,980円(20GB)

NTTドコモにある従来の料金プラン「ギガホ」と「ギガライト」は、『ahamo』の上位プラン的な位置づけとなる“プレミアプラン”として存続する予定だが、プラン改定の予定があり、12月中に発表される見通しである。

まとめ

年々、他社同士が競うように価格が上昇していく携帯料金に、一旦歯止めがかりましたね。

コロナ禍ということもあり、収入が減り携帯料金を払えないという人も増えてきている気がします。そこまで切迫している世の中で、格安なプランが出されるのは有り難いですよね。

ネットでの手続きとなると、高齢の人には手続きが難しくなりますが、人件費を削減したことで激安携帯料金を叩きだしたので、より若い層を取り込むことが出来るのではないでしょうか?

今後の他社の動きにも注目していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です