新井浩文被告(41)の実刑4年が確定!

12月2日付けで、強制性交罪に問われた元俳優の新井浩文被告に対する懲役4年の実刑判決が確定した。

新井浩文はどんな人物か?

1979年に青森県弘前市で生まれ、在日朝鮮人の3世だったが、2005年に朝鮮籍から韓国籍に変更した。

2001年に映画『GO』で俳優デビューを果たすと、翌年には映画初主演で高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞した。

その後も、数々の作品で犯罪者や不良役を多く演じていたが、2010年代以降は刑事役・教師役・エンジニア役まで幅広く演じ、老若男女から指示を集めていた。

2019年2月、警視庁に強制性交の疑いで逮捕された。

事件の経緯

2019年2月1日、昨年の7月1日に新井浩文の自宅で紙パンツ1枚の状態でオイルマッサージを受けていた際に、施術していた派遣マッサージ店の女性従業員へ暴行を働いたとして、強制性交の容疑で逮捕された。

これを受けて、所属事務所は契約を解除し、新井被告は芸能界から事実上の引退となった。

2月21日、東京地方検察庁により起訴されるが、保釈保証金500万円を納付し保釈された。

事件による影響は凄まじく、新井被告が出演していた130作品以上が軒並み中止となってしまった。

9月2日に初公判が行われ、12月2日に懲役5年の実刑判決を言い渡されたが即日控訴し、保証金750万円で再保釈が認められた。

2020年10月12日、東京高等裁判所で控訴審初公判が開かれたが、12月2日付けで懲役4年の実刑判決が言い渡され、刑務所に監修されることとなった。

まとめ

新井浩文さんの事件から2年が経過し、実刑判決が下ることとなりました。

『銀魂』や『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』など、様々な作品に出演していたので、事件を聞いた時はショックでした。

芸能界は事実上引退で、実刑がつくと復帰は難しいでしょう。新井さんがしてしまった事は、決して許される事ではありませんが、彼が遺した作品までも批判されないことを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です