YouTuberカルマが復活!エイベックス所属を決断した理由とは…?

2021年7月25日、東京都南青山区にあるエイベックス本社にて、人気YouTuberのカルマが記者会見を開いた。若者から絶大なる人気を博しているカルマだが、昨年9月からYouTubeの更新が急に途絶え、ファンの間では「引退してしまったのではないか…」「失踪したのでは?」「実は亡くなってしまっているのか…?」と様々な憶測が流れていた。そんな中、1年ぶりに記者会見を開いたことで世間の注目が一気に集まったのだ。

記者会見はエイベックス・マネジメントと専属契約を結び芸能界へデビューするという内容で、ファンからは「もう誰にも止められない!」「伝説の始まりだ!」「ついにカルマが復活!」と1年ぶりの復帰を喜ぶ声と芸能界デビューを祝福する声が上がっている。

女優のとよた真帆(54歳)が『東京の母』として記者会見にサプライズ登場し、普段から親交のあるバトミントン日本代表桃田賢斗選手からビデオメッセージが届いた。

エイベックス所属を決めた理由は?

カルマは「個人の力では一定のラインを越えると、その先には限界があり、組織力がないとエンタメでは戦えないことに気づいた。エンタメのテッペンを獲るために、最短の手段としてYouTubeを始めただけで、YouTubeはただの名刺に過ぎない」と所属理由を語った。

また、「精神的に弱ってしまったので、1回休みたいというのがあった」と活動休止の理由も説明し、「1年間いろいろあった中で、エイベックスさんが親身になって支えてくれて、そこから1年間は切磋琢磨してやっていて、熱意も伝わったので、そろそろ所属してやろうかなって思いました(笑)」と冗談まじりに1年を振り返った。

カルマってどんな人?

2018年からYouTubeにて動画投稿を始め、現在のYouTube総再生数は2億回を超え、チャンネル登録者数が162万人の人気YouTuberである。2020年8月の誕生日には『ここ日本言うてな』という単行本を出版し、Amazon書籍ランキングでは堂々の第1位を獲得している。

パンチの効いた面白い動画が若者から絶大なる人気を博している。韓国とのクォーターであるカルマは動画の挨拶で流暢な英語を話し、決まり文句の「ここ日本言うてな」は若者の間で流行った。

2020年9月からYouTubeの更新が途絶え、2021年7月12日に全ての動画が非公開に。7月24日に「カルマが旅立ちました。」という不穏なタイトルで動画が投稿されると、瞬く間に再生数は160万回を超えた。動画内にエイベックスのロゴが映り込んでいたことから様々な憶測を呼び、再生数だけでなくチャンネル登録者数も急増。今後の活動に期待の声が寄せられている。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です